教習所MAP検索

5. 交通の方法に関する教則

5-1. 歩行者と運転者に共通の心得

5-1-2. 信号、標識・標示に従うこと

5-1-2-1. 信号の意味

信号の種類

青色の灯火
<青色の灯火>

信号の意味
歩行者は進むことができます。
軽車両以外の車や路面電車は直進し、左折し、右折することができます。ただし、二段階の右折方法により右折する原動機付自転車は、右折する地点まで直進し、その地点で向きを変えることまでできます。
軽車両(自転車、荷車など)は、直進し、左折することができます。右折するときは、右折する地点まで直進し、その地点で向きを変えることまでできます。
信号の種類

黄色の灯火
<黄色の灯火>

信号の意味
歩行者は横断を始めてはいけません。横断中の者は、速やかに横断を終わるか、横断をやめて引き返さなければなりません。
車や路面電車は、停止位置から先へ進んではいけません。しかし、黄色の灯火に変わったときに停止位置に近づいていて、安全に停止することができない場合は、そのまま進むことができます。
信号の種類

赤色の灯火
<赤色の灯火>

信号の意味
歩行者は横断してはいけません。
車や路面電車は、停止位置を越えて進んではいけません。
交差点で既に左折している車や路面電車は、左折方向の信号が赤でもそのまま進むことができます。
交差点で既に右折している車や路面電車は、右折方向の信号が赤でもそのまま進むことができます。この場合、その車や路面電車は青色の灯火に従って進んで来る車や路面電車の進行を妨げてはいけません。ただし、軽車両や二段階の右折方法により右折する原動機付自転車は、右折方向の信号が赤のときは、その右折している地点で停止していなければなりません。
信号の種類

青色の灯火の矢印
<青色の灯火の矢印>

信号の意味
車は、黄色の灯火や赤色の灯火の信号であっても矢印の方向に進むことができます(右向きの矢印の場合には、転回することもできます)。しかし、右向きの矢印の場合には、軽車両や二段階の右折方法により右折する原動機付自転車は進むことができません。
信号の種類

黄色の灯火の矢印
<黄色の灯火の矢印>

信号の意味
路面電車は、黄色の灯火や赤色の灯火の信号であっても矢印の方向に進むことができますが、歩行者や車は進んではいけません。
信号の種類

黄色の灯火の点滅
<黄色の灯火の点滅>

信号の意味
歩行者や車や路面電車は、他の交通に注意して進むことができます。
信号の種類

赤色の灯火の点滅
<赤色の灯火の点滅>

信号の意味
歩行者は他の交通に注意して進むことができます。
車や路面電車は、停止位置で一時停止しなければなりません。
備考:この表で停止位置とは停止線があるところでは、停止線の直前をいい、ないところでは、
   次の位置をいいます。
  1. 交差点では、その直前(交差点のすぐ近くに横断歩道や自転車横断帯があるところでは、横断歩道や自転車横断帯の直前)
  2. 交差点以外で、横断歩道や自転車横断帯や踏切があるところでは、その直前
  3. 交差点以外で、横断歩道も自転車横断帯も踏切もないところに信号機がある場合は、信号機の直前